2020年広島オリンピック・パラリンピック招致に向けた若手建築家・デザイナーによる提案と議論
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Hiroshima 2020 Design Charrette 名古屋エキシビション
1.jpg

11月29日より、12月5日まで、名古屋のギャラリー、フローリスト・ギャラリーNにてHiroshima 2020 Design Charretteの巡回パネル展を開催します。
エキシビション開催に合わせて、12月4日には3つの都市で建築とデザイン、アートの視点からそれぞれの街について考え活動している組織から代表者を集め、シンポジウムを開催します。ふるってご参加ください。


エキシビション概要:
「Hiroshima 2020 Design Charrette 名古屋エキシビション」
会期:11月29日(月)~12月5日(日)
(会期中、12月1日、2日休廊)
12:00~20:00
会場:フローリスト・ギャラリー
    名古屋千種区鏡池通3-5-1


シンポジウム概要: 

HODC名古屋シンポジウム
「地方都市から発信する日本の未来」
 
日時:2010年12月4日(土)14:00-17:00
場所:フローリストギャラリーN(名古屋市千種区鏡池通3-5-1) 
http://fgn2008.exblog.jp/
 
概要:
日本の近い将来に対して、不安を感じている方は少なくないはずです。そして、日本に将来起こる問題が、よりドラスティックに顕在化するのは、地方においてであると考えられます。 
最近では、こうした状況を敏感に察知し、都市に対する地方発のアクションが活発化しつつあります。本シンポジウムでは、こうした動きの中から「Hiroshima 2020 Design Charrette」(HODC)、「浜松建築会議」、「中川運河キャナルアート」の取り組みを紹介するとともに、これらの運動の主催者のクロストークを行い、これからの日本が向かうべき将来像を、観客の皆さんとともに考えます。
 
プレゼンタ:
佐々木高之(A+Saアラキササキアーキテクツ / HODC発起人)
小川文象(FUTURE STUDIO / HODC発起人)
白井宏昌(H2Rアーキテクツ / HODC実行委員)※予定
高塚陽介(YOUSUKE TAKATSUKA / 浜松建築会議実行委員)
服部充代(ike air + water / 中川運河キャナルアート実行委員長)
 
モデレータ:
加藤孝司(FORM_Story of design / HODCディレクター)
門脇耕三(首都大学東京 / HODCディレクター)
 
参考リンク:
HODC 
http://hodc.net/
浜松建築会議 
http://www.co-ha.net/
中川運河キャナルアート 
http://www.canal-art.org/
---
exhibition comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>