2020年広島オリンピック・パラリンピック招致に向けた若手建築家・デザイナーによる提案と議論
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
HODC東京シンポジウムご来場ありがとうございました。

Photo(C) SHIMIZU KEN

 HODCの東京シンポジウムが8月29日、東京銀座にて開催されました。
ご来場いただいた皆様、本当にどうもありがとございました。

SYMPOSIUM DATE:

[テーマ]
「建築家は如何に都市をデザインするか?」

[構成]
・HODC趣旨説明
・各提案者プレゼンテーション
・ディスカッション

[モデレータ]
・加藤孝司 (ライター/FORM_Story of design)
・門脇耕三 (首都大学東京助教)

[出演者]
・荒木源希 佐々木高之 佐々木珠穂 (A+Sa アラキ+ササキアーキテクツ)
・伊藤暁 (伊藤暁建築設計事務所)
・白井宏昌 (H2Rアーキテクツ)
・谷尻誠 (サポーズデザインオフィス)
・中村竜治 (中村竜治建築設計事務所)
・猪熊純 (成瀬猪熊建築設計事務所)
・畑友洋 (畑友洋建築設計事務所)
・藤村龍至 (藤村龍至建築設計事務所)
・黒川泰孝 馬場兼伸 古澤大輔  (メジロスタジオ)
・雨宮知彦 (UNITY DESIGN)
(敬称略)

[ゲストコメンテーター]
・町村敬志 (一橋大学教授)
・柄沢祐輔 (柄沢祐輔建築設計事務所)
(敬称略)

日時:2010年8月29日(日) 15:30〜18:00(OPEN 15:00〜)
場所:銀座スペース アルコイリス
(東京都中央区銀座4-13-11 銀座M&Sビル)




SHIMIZU KEN comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>