2020年広島オリンピック・パラリンピック招致に向けた若手建築家・デザイナーによる提案と議論
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
実行委員 小川

FUTURE STUDIOの小川です。
Hiroshima 2020 Design Charrette では実行委員をさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

まずはこの企画の始まりから。
佐々木さんは、広島の高校の1学年上の先輩であり、広島の家も近所で、ロンドンでも建築留学仲間であり、色々と変な縁がある方です。この話をうちの事務所にて佐々木さんから聞いた時には、先輩なので断るわけにもいかず(笑)軽い気持ちでやりましょうかと話しました。面白い企画になる確信と共に、自分が本業の仕事をしながらも責任を持ってやり遂げることは難しいのではないかという気持ちがありました。佐々木さんにその思いを伝えると、「俺がやるから大丈夫!」。その時、自分にできることをやろうと決めました。

そして数人の建築家に連絡を取り、協力要請し、広島に縁のある加藤孝司さんに連絡を取り、ディレクターとして入っていただくことになりました。そこからどんどん企画が膨らんでいき、今日を迎えています。

本イベントは我々建築家が社会に対して貢献することが目的です。建築業界内でただ盛り上がるだけでは、何の意味もないと考えています。そのような主旨に賛同いただける方にはぜひ参加していただきたいと思っています。私自身もこの企画を通して社会派建築家として成長したいと思います。長い企画になりますが、よろしくお願いいたします。



実行委員:小川文象
FUTURE STUDIO 主宰
広島国際大学非常勤講師
穴吹デザイン専門学校非常勤講師

- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>