2020年広島オリンピック・パラリンピック招致に向けた若手建築家・デザイナーによる提案と議論
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Hiroshima 2020 Design Charette と広島の可能性を巡る議論
 

東京でのプレイベントに続いて、広島でのHODC公式イベントのお知らせです!

「Hiroshima 2020 Design Charette と広島の可能性を巡る議論」
@Hills cafe PRIMAL

:concept.―――――――――――――――――――――――

2010年6月6日に広島で開催される 「HIROSHIMA 2020 DESIGN CHARRETTE」は、昨年10月の広島市のオリンピック招致表明を受けてデザインに関わる者として広島のために何かをしたい、建築家の、デザイナーの職能を活かして何か出来ることはないか?という切実な思いから始まっています。

プレイベント第1回の@MUSIM PANENに於いては、40名を越える多くの方々にご来場頂き、広島の未来のオリンピックについて前向きにイメージし、それを会場に来た方々全員で共有する事が出来ました。

第2回となる今回は、建築業界以外の広島で活躍されている方々もお招きして、デザインと都市に於ける広島の可能性をさらに包括的に探ってみたいと思います。

未来の広島のために、未来の建築、デザインにいまこそ何かアクションを起こしたい。
そのために僕らは何をしなくてはいけなくて、何が出来るのか?
それを考えるためのCharrette、そしてトークセッションです。


■出演者

HODC実行委員:佐々木高之(建築家 アラキ+ササキアーキテクツ

HODC実行委員:小川文象(建築家 FUTURE STUDIO

木原一郎(アーバニスト full stage

HODCディレクター:門脇耕三(首都大学東京助教)

HODCディレクター:加藤孝司( ライター FORM_Story of design)

ゲスト:

谷尻 誠 (建築家 Suppose design office

平尾 順平 (ひろしまジン大学学長)

水木 智英 (Web Magazine CENTRO編集長)

+特別ゲスト [誠意交渉中]

進行:杉林 祐介(web magazine dialogue projects.2010

※出演者は都合により変更になる場合がございます。ご了承ください。

―――――――――――――――――――――――

「Hiroshima 2020 Design Charette と広島の可能性を巡る議論」

日時 :2010年4月24日 (土曜日)

時間 :14:00〜16:00 (開場 13:30 )

場所:Hills Cafe PRIMAL. 広島市中区本通8-23 本通りヒルズ7F

お一人様¥2,000- [限定70名様] *1Drink + Sweets付き

チケット予約受付係: dialogue@brown.megaegg.ne.jpにタイトルに「参加希望」と記載の上、お名前と枚数を送信して下さい。

折り返し、詳細メールをお送りいたします。

PRIMALは屋上に位置しており、テラスが設けられています。当日晴れたらとても気持ちよく過ごせそうです。

若しくは 090-6434-9542 Dialogue.編集局 ふるもとまで

*なお、当イベントに関するPRIMALへのお問い合わせはご遠慮下さいませ。

#flier designed by mi e ru
news comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hodc.jugem.jp/trackback/15
<< NEW | TOP | OLD>>